第29回マンスリーチャレンジ「時間」結果発表

佐藤先生の全体講評

テーマ「時間」を皆さん独自の視点でイメージを膨らませ、たくさん作品を応募してきてくださいました。作品から「時間」というイメージがキーワードとなって浮かんでくるかが審査のポイントとなりました。テーマを持つことはその世界を深く追求することです。考えて考えてたどり着く写真表現を学んで欲しいと思います。来月もテーマにチャレンジ!!コツコツ撮影を重ねてふるってのご応募お待ちしています♪

miya。さん

old days

佐藤先生からの講評

誰もが経験のある学校生活、見た瞬間に在りし日の思い出が目に浮かんでくるような、古き良き時代への郷愁を感じさせる素敵な作品です。時間というイメージを作者の豊かな感性で、光を活かして、創造力溢れる作品にまとめています。タイトルも良かったです。

SakaSakaさん

「鷲羽岳との再会」

てんきさん

「鉱山の街」

sekenekeさん

「護ってきた証(まもってきた あかし)」

タカオさん

「黄昏を行く」

TMRMIIKOさん

「家路」

zero oneさん

「30 seconds」

都のカメ吉さん

「時を止める」

us-hiroさん

「冬の投影」

jjuns315さん

「空間と時間」

ミズホo883さん

「Time travel」