第2回 目覚める熱い想い。LUMIX AWARD 写真熱 PHOTO CONTEST 2017 結果発表

2017年7月から11月の期間に開催しました、「パナソニック LUMIX AWARD2017『 写真熱』フォトコンテスト」には、LUMIX CLUB PicMate史上最高となる4,000枚を越える作品のご応募をいただきました。ありがとうございます。今回、5名の審査員に選ばれた計26作品を発表します。

LUMIX AWARD PHOTO CONTEST 2017「写真熱」展

2017年7月から11月の期間に開催しました「パナソニックLUMIX AWARD2017『 写真熱』フォトコンテスト」の写真展を開催します。「 風景部門」、「鳥部門」、「犬猫部門」、「スナップ部門」、「動画部門」の入賞作品26点を展示します。この機会に選りすぐりの作品を鑑賞しに行きませんか。

epSITE EPSON IMAGING GALLERY

開催場所: 「エプソンイメージングギャラリー エプサイト」 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階

開催期間: 2018年1月19日(金)〜2月1日(木)10:30〜18:00 ※日曜休館 最終日は14:00まで

LUMIX CLUB PicMate PHOTO GALLERY

開催場所: 「LUMIX CLUB PicMate PHOTO GALLERY」

東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 2階

開催期間: 2018年2月5日(月)〜3月5日(月)10:00〜20:00

※土日祝日不定休。快晴堂フォトサロン(03-6273-4125)までお問合せください。

審査員プロフィール
宮武健仁

宮武健仁Takehito Miyatake

東京工芸大学写真工学科卒。日本写真家協会会員。「日経ナショナルジオグラフィック写真賞2013」グランプリ受賞。命の源の「水」と、地球の息吹のマグマの「火」の光景をテーマに撮り歩いている。

中村利和

中村利和Toshikazu Nakamura

1966年神奈川県生まれ。写真家。高校生の頃に野鳥の観察を始めて以来、身近な野鳥を中心にその自然な表情、仕草を記録している。「光」にこだわり、「光」が感じられる写真をめざしている。

新美敬子

新美敬子Keiko Niimi

1962年愛知県生まれ、犬猫写真家。世界各地を旅して出会った猫や犬と人々との関係を撮り続け、かれこれ30年。新刊写真集『恋する猫さんぽ』(中央公論新社)をはじめ、著作多数。メッセージフォトブック『ありがとう 猫が贈ることば』(辰巳出版)が好評。

佐藤仁重

佐藤仁重Yoshie Sato

女子美術短期大学造形科卒。日本写真家協会会員。全日本写真連盟関東本部委員。女性だけの写真教室主宰。写真集「紐育(ニューヨーク)の休日」朝日新聞社。イベント講師ほか各種写真誌で審査・原稿執筆・作品発表。個展多数。

齋藤行成

齋藤行成Yukinari Saito

放送番組のディレクター、プロデューサー、CS放送局、BS放送局(BS11)の編成制作部長を経て、現在、独立系製作会社プロデューサー。執筆:ビデオCAPA、デジタルCAPA等で20年近く撮影講座を担当。その他各種動画セミナー講師。

LUMIX AWARD 2017 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX GH5(DC-GH5M)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX GH5(DC-GH5M)進呈

papara01 さん

「日高三石沖浪裏」

佐藤先生からの講評:

沸き立つ雲、雲間から溢れる陽光、打ち寄せる波の表情、素晴らしい気象条件に恵まれ、いい場所に羽ばたく鳥が飛ぶというナイスタイミング好条件が重なり、大自然の迫力ある光景をダイナミックにまとめることが出来ました。

撮影者コメント: 風速20mを超える強風を受け、高波をかぶりそうになりながら撮影しました。 勢いよく雲が流れこちらにぶつかってきそうでした。 北海道日高地方 新ひだか町三石沖。

風景部門

風景部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX G8(DMC-G8M)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX G8(DMC-G8M)進呈

toraya10 さん

「静寂の舞台」

宮武先生からの講評:

新緑の頃を良く目にする人気スポットですが、晩秋の日没後の薄暗い光を長時間露光で湖畔の木立を版画のように強調してメリハリをつけて切り撮りました。被写体に対する情熱と、粘りと独創性が写し込まれた力作です。

撮影者コメント: 紅葉を撮りに蓼科方面に高速飛ばしました。談合坂2時頃出て蓼科湖に着いたのが3時半。奥蓼科御射鹿池に着く頃は辺りは山影ですでに 暗くなっています。初めての所だったのですが20人ほどの人が池を取り囲んでおり場所は迷うことはありません。少し遅すぎたなと思いつつ寒い手をさすりさすり3脚抱えて現場に行くと先の人たちは三々五々に帰っていきます。私に残された光をゆっくりゆっくりかき集めて撮った写真の一枚がこれです。 LVでは何も見えなかったんだが。また一つ写真の深さを知りました。

風景部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

r12770 さん

「糸」

宮武先生からの講評:

二段に落ち込む滝に陽光が差し込み、幾筋もの光の筋となっています。木漏れ日の爽やかな青い光と複雑な形の黒い岩が作り出す影が、作品を引き立てています。写真の基本の光と影をシンプルに活かせています。

撮影者コメント: 焦点距離: 50㎜/F8/SS:15秒/ 露出補正: 0/ISO:100/WB:4200K,M2/ 測光: マルチパターン測光 大分県の慈恩の滝です。 2段の滝ですが、上部にのみ光芒が出ており、幻想的な光景でした。

風景部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

preceramic さん

「オランダと見紛う
風車のある風景」

宮武先生からの講評:

波の無い湖面にまるで鏡のように上下対照に映された牧歌的な光景を、春の夜明け前の淡い紫色春の霞の光が包んでいます。ハッとさせられるような瞬間に出会うために何度通った事か、ご努力がしのばれます。

撮影者コメント: 4/22は3時半過ぎに目覚めたので、千葉県柏市にあるあけぼの山農業公園の夜明けの風景を撮影してきました(*^^*)池泉の水面に映る風車とメタセコイアの樹が綺麗でした☆☆☆春先にはチューリップも咲き誇っていてまるでオランダに来てしまったかのような錯覚に陥る素敵な公園でした♥

風景部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

laserpapa さん

「キラリ☆曲線美」

宮武先生からの講評:

幹の曲がった木を8ミリ超広角レンズでよりグニャリと強調し、シルエットにして捉えたところに、背景の紅葉の赤と空の青が鮮やかにバランス良く映えます。更に陽の光芒が構図の良さを引き立てます。

撮影者コメント: 阿寒湖畔で見かけた大木 そのセクシーな曲線美と力強い光芒、 鮮やかな紅葉が織り成す色気に 心を奪われました

風景部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

LFRC さん

「顕現」

宮武先生からの講評:

吸い込まれそうな透明度の滝壺と、スローシャッターで滑らかに描かれた滝の流れと岩の対比が美しいです。鮮やかな黄葉の木や落ち葉が水の清らかさを強調すると共に、奥から流れ込む滝が構図に動きをつけています。

撮影者コメント: 観音滝と付知峡。 この滝を目にした人が観音様の顕現を思うのも頷ける、 奇跡的な美しい景観でした。

鳥部門

鳥部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX FZ300(DMC-FZ300)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX FZ300(DMC-FZ300)進呈

arimat さん

「セッカ」

中村先生からの講評:

写真全体が鮮やかな緑と黄色のトーンに統一され、季節感あふれる美しい作品に仕上がりました。前景の黄色い花をふんわりとぼかした前ボケが絶妙な位置に効果的に使われ、この作品の成功の要因になっています。

撮影者コメント: 撮影地 東京都 調布市 黄色い花に囲まれたセッカ。ファインダーの中は夢の世界でした。

鳥部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

masap@5563 さん

「光に染まる」

中村先生からの講評:

画面全体に飛び散る水飛沫がとても美しく、輝いています。逆光で背景が暗く、被写体が白い鳥という難しい条件ですが、露出も的確で飛沫が飛び散る瞬間を見事に表現しています。

撮影者コメント: 着水する瞬間の白鳥を撮影しました。 光に染まる水飛沫が飛び散りとても美しい瞬間でした。

鳥部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

syaraku30 さん

「鮎獲り名人」

中村先生からの講評:

アオサギが魚を捕らえた瞬間をダイナミックな水の流れとともに、見事に捉えています。水の流れに対してアオサギを小さく左下に配置し、大きく飛沫を入れた構図もよく考えられた素晴らしい作品だと思います。

撮影者コメント: 多摩川の堰堤で、見事に鮎を獲ったアオサギです。背景の滝の飛沫と、嘴の先に跳ねる小魚がポイントです。

鳥部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

km0319 さん

「夜狩」

中村先生からの講評:

夜の川で獲物の魚を待つサギたちの姿をスローシャッターで撮ることによりとても幻想的な絵画のようなイメージの作品になっています。等間隔に並んだサギたちの構図も面白く、動かないいいタイミングを捉えました。

撮影者コメント: 夜の堰堤下の狩。流れの落ち込む場所に狙いを付けて、じっとエサを待つ鷺。

鳥部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

わんわんちー さん

「今、会いに行きます」

中村先生からの講評:

鮮やかに赤く染まった水面の色、たたずむ1羽のカモに寄ってくるもう1羽。この後この2羽がどうなったのか展開を想像したくなる作品です。泳ぐカモの起こす波が夕日を反射して良いアクセントになっています。

撮影者コメント: 大阪府枚方市の山田池公園にて。突然の夕立の後、辺りが夕陽のオレンジに囲まれる中遭遇した光景です。

犬猫部門

犬猫部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX GX7 MarkⅡ(DMC-GX7MK2K)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX GX7 MarkⅡ
(DMC-GX7MK2K)進呈

maxilotti さん

「天国のジョイ」

新美先生からの講評:

全幅の信頼を寄せている表情が、語りかけてきます。さぞかし賢い犬だったのでしょう。何かを伝えようとする瞬間がとらえられました。白い背景が、天国を表現しているように思え、心に迫りました。

撮影者コメント: ボーダーコリーの愛犬でしたが、7月に他界しました。 可愛い笑顔のお写真です。

犬猫部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

さすらいの現場王 さん

「虎徹の大冒険!」

新美先生からの講評:

虎徹くんは、素敵な首輪をつけてもらって、ごきげん。飼い主(あるいは、お父さん)と、認めた人にしっぽを立て、近寄ってきます。低い位置から真正面にとらえ、子猫の愛おしさとともに、命の大切さを感じさせます。

撮影者コメント: 我が家の新参者の子猫の虎徹君。 小さな草むらも虎徹にとっては大草原。一歩踏み出して、冒険の 始まりです。

犬猫部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

ロバートK さん

「触っていいいかな」

新美先生からの講評:

「猫に触りたい」。子どもたちの表情の最高の瞬間をとらえました。堂々と歩く猫に触れなくて、「きゃっ、きゃっ」という声が聞こえてきそう。何気ない日常で出会えた、猫との関係をしっかりと伝える作品です。

撮影者コメント: 鹿児島県知覧町の武家屋敷で出会った猫は、個性的な風貌をしてました。

犬猫部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

wander-navel さん

「野良猫 in 富良野」

新美先生からの講評:

警戒しているような顔つきですが、福々しい猫で、作品全体に時空の広がりを感じました。背景のボケ具合と、猫の体を対角線上に配置したゆるぎない構図が新鮮。レンズを見据えた瞳が緊張感を醸し出しています。

撮影者コメント: 北海道富良野市清水山 富良野ワインハウス付近にて撮影

スナップ部門

スナップ部門 最優秀量
パナソニック一眼カメラ LUMIX GX7MarkⅡ(DMC-GX7MK2K)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX GX7MarkⅡ
(DMC-GX7MK2K)進呈

Totchang さん

「街は巳の刻」

佐藤先生からの講評:

お好み焼きという看板の店構えの八百屋のおじさんは新聞読むのに夢中。そこへ店の前を着物を着て急ぎ足通る粋なお姐さんの絶妙な動きとタイミングを上手くキャッチ。見れば見るほど不思議な世界がユーモラスなスナップ写真の傑作です。

撮影者コメント: 八百屋のおじさんは、お好み焼き屋さんの軒下を借りているのでしょうか?

スナップ部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

12 SR さん

「春うらら」

佐藤先生からの講評:

新潟県高田公園は桜の名所、夕暮れ時のお堀には鯉が泳ぎ、風も無く穏やかな水面に映り込んだ満開の桜と高田城がくっきりと映り込んで、露出も完璧に決まって、誠に日本的で情緒溢れる素晴らしい作品です。

撮影者コメント: 日本三大夜桜の一つと誉れ高い高田公園の桜が満開と知り、日帰り撮影旅行に出掛けました。 お堀に鯉が泳いでいるのを見て、さすが錦鯉発祥の地、新潟だなぁなどと思っていると、夕方の散歩?の時間なのか目の前に迫ってきました。期待していたとはいえ、突然の撮影機会に焦る自分を思い返すと笑みがこぼれてしまいます。

スナップ部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

bassman-ma さん

「異空間」

佐藤先生からの講評:

提灯のカラフルを活かして、デフォルメして魅せる世界を作り出し、 神社の境内の狭い空間であろう場所をフィッシュアイレンズを上手く使いこなしてカメラテクニックが際立つ素敵な作品です。

撮影者コメント: 兵庫県神戸市 松尾稲荷神社

スナップ部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

ノースゴット さん

「いいポーズ?」

佐藤先生からの講評:

大粒の雪の降る中、可愛いキタキツネと出会い、雪を被って冬の大地に強く生きる厳しさと対象にそのつぶらな瞳とその表情に、見た瞬間思わず「わーかわいい」と声を上げてしまうほど強く惹かれました。

撮影者コメント: 雪がちらつく中ドライブ、前方に止まっていた車、なぜこんなところにと思いつつ車を走らせていたらキタキツネさんではないか、道の土手に座っていました。前の車が写真を撮っていたようで、即、車を止めてキツネさんとご対面。人に馴れているのか逃げようとしませんでした。キツネさんがこちらを見ていたのでカメラを向けてパシャリ、それでもキツネさんじっとしていてくれました。こんなところでの偶然の出会いでした。うれしいですね。

スナップ部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

naratsune さん

「祝福」

佐藤先生からの講評:

結婚式の前撮り、着物姿の花婿さんと花嫁さんを、青空をバックに逆光でシルエットでまとめお洒落です。まるで奈良公園の鹿たちが、二人を囲んで、祝福しているかのよう、心温まるスナップ写真になりました。

撮影者コメント: 若草山(奈良市)山頂で、結婚式の前撮りをしていた二人を、シルエットで撮らせていただきました。幸せそうに語らっている「二人の門出」を、鹿たちが祝福しているようでした。

動画部門

動画部門 最優秀量
心の「違和感」を追い求めて
アトモス NINJA INFERNO 進呈

アトモス NINJA
INFERNO 進呈

tatsuphotos さん

「心の「違和感」を
追い求めて」

齋藤先生からの講評:

カメラマンがナレーションかたる作品です。スチールカメラを構えいつも見てる風景・街をカメラを通して違い、違和感を発見していく。自分の子供の変化などもインサートされ、日常の違和感を見つけ、取り続けることがテーマであるという。カメラマンの心情をドキュメントドラマ風に描いた作品である。ドキュメント賞

撮影者コメント: 友人であり写真家の津上竜夢(28)。福岡を中心に活動する彼の視点は、ユニークでセンセーショナル。建物、人、光…普段あまり気にかけないものが、日常風景を作り出している点を描き、そこにある「違和感」(心の惹かれるもの)を追求している。昨年、父親になった彼は、「違和感の塊」である子供と向き合うにつれて、彼の新たな価値観を学んでいく。最近このことを本人から聞き、彼の思いを素直に映像で描きたいと思い、ミニドキュメントを製作しました。子供を授かり、親になる。初めての子育てで戸惑うこともある中、子供と向き合い学ぶ、自己表現の場でもある写真に対する彼のパッションは非常に印象的でした。【使用機種】 GH5 【編集ソフト】 Adobe Premiere Pro CC

動画部門 優秀賞
sunriset
CLUB Panasonic コイン 10,000C

Fairport さん

「sunriset」

齋藤先生からの講評:

夕景の中のエアーポート。羽田飛行場を海から、成田飛行場の夜景などを望遠のカットをうまく使っています。飛行機に命を感じさせるようなカットで情緒的でも有り、飛行機の美しさも共に4Kで見事に描写した作品。4K乗り物作品賞

撮影者コメント: 朝焼けと夕焼けに染まる空港をテーマにしたBGVです。 Airport: Haneda airport,Narita airport, Sendai airport BGM: Notzen act

動画部門 優秀賞
FRAMING THE WORLD
CLUB Panasonic コイン 10,000C

yosukejohn さん

「FRAMING
THE WORLD」

齋藤先生からの講評:

音楽・構図・ともアメリカ砂漠の中の廃墟での撮影。見るものに心の中まで乾いてくる、空虚感を感じさせる。荒れた室内だけでよく表現している。作品賞

撮影者コメント: 砂漠の一角、人気のない廃墟。だれもいなくともそこは世界の一部で、僕がフレームを切ると、再び動き始める。カメラ:LUMIX GH5 レンズ:KOWA PROMINAR MFT 8.5mm, 12mm, 25mm

動画部門 優秀賞
Sweetness
CLUB Panasonic コイン 10,000C

daichibarnett さん

「Sweetness」

齋藤先生からの講評:

ニューヨークでの若い女性の生きる日常をファッションナブルに、大胆なアングルと構図。引きとアップを効果的に積み上げ、そこに音楽のリズムがマッチしたイメージビデオ的な作品である。イメージV賞

撮影者コメント: Directed by Daichi Yamamoto Music by Daichi Yamamoto x The Nostalgic Factory Shot by Daichi Yamamoto Act by Yi Tian x Daichi Yamamoto

動画部門 優秀賞
This is JAPAN-Typhoon LAN-2017
CLUB Panasonic コイン 10,000C

deltaforcesurf さん

This is JAPAN
-Typhoon LAN-2017

齋藤先生からの講評:

サーフィン会場の記録と波。力強い波を超望遠で捉え、サーフィン競技場の記録であるカットも加わり、たんなる波にのるサーフィンカットでなく記録映像としても画面としても芸術的に仕上げた作品である。芸術賞

撮影者コメント: 2017年10月23日。杜の都・仙台に台風21号ランからの強烈なうねりが押し寄せ、プロサーファー数名が数十年ぶりのモンスターウェーブに挑戦しました。