第3回 LUMIX AWARD 写真熱 PHOTO CONTEST 2018 結果発表

2018年7月から11月の期間に開催しました、「パナソニック LUMIX AWARD2018 『写真熱』フォトコンテスト」には、4,000枚を越える作品のご応募をいただきました。ありがとうございます。今回、5名の審査員に選ばれた計26作品を発表します。

※賞品の発送、CLUB Panasonicコインの付与は、2019年2月下旬以降の予定です。
※CLUB Panasonicコインの受け取りには、事前にご利用手続き(無料)が必要です。
コイン付与時にご利用手続きを完了いただいていない場合、コインプレゼントの対象となりません。
コイン利用手続きはコチラから。

LUMIX AWARD PHOTO CONTEST 2018「写真熱」展

2018年7月から11月の期間に開催しました「パナソニック LUMIX AWARD2018 『写真熱』フォトコンテスト」の写真展を開催します。「 風景部門」、「鳥部門」、「犬猫部門」、「スナップ部門」、「動画部門」の入賞作品26点を展示します。この機会に選りすぐりの作品を鑑賞しに行きませんか。

epSITE EPSON IMAGING GALLERY

開催場所: 「エプソンイメージングギャラリー エプサイト」 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階

開催期間: 2019年1月7日(月)〜1月17日(木)10:30〜18:00 ※日曜休館 最終日は14:00まで

審査員プロフィール
宮武健仁

宮武健仁Takehito Miyatake

東京工芸大学写真工学科卒。日本写真家協会会員。「日経ナショナルジオグラフィック写真賞2013」グランプリ受賞。命の源の「水」と、地球の息吹のマグマの「火」の光景をテーマに撮り歩いている。

中村利和

中村利和Toshikazu Nakamura

1966年神奈川県生まれ。写真家。高校生の頃に野鳥の観察を始めて以来、身近な野鳥を中心にその自然な表情、仕草を記録している。「光」にこだわり、「光」が感じられる写真をめざしている。

新美敬子

新美敬子Keiko Niimi

1962年愛知県生まれ、犬猫写真家。世界各地を旅して出会った猫や犬と人々との関係を撮り続け、かれこれ30年。新刊写真集『恋する猫さんぽ』(中央公論新社)をはじめ、著作多数。メッセージフォトブック『ありがとう 猫が贈ることば』(辰巳出版)が好評。

佐藤仁重

佐藤仁重Yoshie Sato

女子美術短期大学造形科卒。 日本写真家協会会員。 全日本写真連盟関東本部委員。 女性だけの写真教室主宰。 写真集「THE BIG APPLE」、 「紐育(ニューヨーク)の休日」(朝日新聞社)。 イベント講師ほか各種写真誌で審査・原稿執筆・作品発表。 個展多数。

齋藤行成

齋藤行成Yukinari Saito

放送番組のディレクター、プロデューサー、CS放送局、BS放送局(BS11)の編成制作部長を経て、現在、独立系製作会社プロデューサー。執筆:ビデオCAPA、デジタルCAPA等で20年近く撮影講座を担当。その他各種動画セミナー講師。

LUMIX AWARD 2018 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX G9 PRO (DC-G9L)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX G9 PRO(DC-G9L)進呈

daidai さん

「ライトアップ@
青い池」

佐藤先生からの講評:

美瑛町小金の青い池、ここは不思議な水の色をしているので有名です。冬になるとライトアップします。池に照明が当たると水面には靄が漂い、立ち枯れた木立が浮かび上がり、暮れなずむ空の群青色も加わって、幻想的な世界を表現できました。

撮影者コメント:北海道の旅行中に知った青い池のライトアップ開始の話題。 「これは絶対に撮りたい!」と思い、11月1日に釧路から旭川に戻ったその足で青い池に。 日が暮れてとても寒かったですが、頑張って兆秒露光で撮りました。 すごく幻想的で神秘的に、とても綺麗に切り撮れました。 ブルーアワーの時間帯にも間に合ったことに感動です!

風景部門

風景部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX G8(DMC-G8M)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX G8(DMC-G8M)進呈

masane7 さん

「夜空へ華麗に
咲き誇れ」

宮武先生からの講評:

美しい花火の写真は沢山出品されていましたが、この作品は絵画のようなバランスの良さが素晴らしいです。5発並んで打ちあがる花火を真正面から画面一杯に大きく捉え、更に前景に灯篭舟が花火にかぶらずに入っていて風景を引き立てています。早朝から場所探しをした努力が、電柱やガードレールなどの人工物が無く後方の竹林などが見える「ふるさと画」のような光景を写し撮れたのだと思います。

撮影者コメント:地元の花火大会、いつもは出店を巡ったりしてブラブラ見物しているのだけど今年は朝早く場所取りまでして挑みました! 今までで一番近く見た花火はいつもと違った表情、臨場感を与えてくれてとても感動的でした。 そんな瞬間を写真にしてみました。

風景部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

laserpapa さん

「満月の夜」

宮武先生からの講評:

幾重にも稜線が重なった山の風景に雲海が湧き、月のやわらかい光が水墨画のような世界を描き出しています。「雲海の夜明け」を期待して前日から挑まれ、想定以上の絶景に出会えてその光景をしっかりと望遠レンズで切り撮られた事が素晴らしいです。

撮影者コメント:奈良県野迫川村に雲海ハントに出かけました 前日の昼間にロケハンした紀伊山中の峠道で、夜明けを待っていたところ、 満月に照らされた青い雲海が目前に広がりました この世のものとは思えない幻想的な絶景に、心を打たれました

風景部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

スギひろ さん

「曼珠沙華の丘を行く」

宮武先生からの講評:

夕方の斜面を一面に赤く染める彼岸花。その丘の向こうからコトコトと近付いてくる1両の小さな列車の光景が日本の原風景的で素敵です。絞りを開き手前の花をぼかした事により画面の半分以上を占める赤の描写に変化を作り写真的な迫力と臨場感が増しています。

撮影者コメント:満開の曼珠沙華の丘を行く、一両のローカル線の列車。 とても懐かしい気持ちになれる場所でした。

風景部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

すみちゃー さん

「時雨模様」

宮武先生からの講評:

晩秋の紅葉した広葉樹林と湖畔の鮮やかな色彩の素晴らしい光景です。雨上がりに差し込んだ朝日だからこその鮮やかさと迫力ある陰影を生み出しています。早朝から熊に出会いそうな森の中を雨と寒さに耐えて待った努力が報われた瞬間です。

撮影者コメント:晩秋の頃、冷たい雨の合間に差し込む日の光、お日様の光は雨に濡れた木々を鮮やかに照らし、雨雲は暗い影を作り風景の陰陽を際立たせてくれました。

風景部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

naratsune さん

「五重塔に架かる
スーパームーン」

宮武先生からの講評:

古都の五重の塔にスーパームーンの大きな月が組み合わさった大胆な構図と月にピントを合わせて主役をはっきりさせている所が目を引きます。ちょうどいい具合にやって来た雲によって夜空に動きが出て、作品をより引き立ててくれています。

撮影者コメント:興福寺五重塔(奈良市)に架かるスーパームーンです。いい位置に雲の切れ間が来てくれて、月明りに五重塔が浮かび上る美しい光景でした。

鳥部門

鳥部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX G8(DMC-G8M)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX G8(DMC-G8M)進呈

masap@5563 さん

「紅」

中村先生からの講評:

小雪の舞う優しい色合いの背景に浮かび上がる、ほんのりと赤いベニマシコ、野鳥の可愛らしさが前面に出た、柔らかくふんわりとしたイメージの、見ていてほのぼのとする1枚。ベニマシコのつぶらな瞳の可愛らしい表情、背景とのバランス、柔らかな光の状態、舞い落ちる雪の様子など全てがうまくまとまった、素晴らしい作品になっています。

撮影者コメント:雪が舞う中に赤く染まったベニマシコが止まる姿を撮影しました。 草木も枯れ、全面が白く染まる風景の中に現れた綺麗な瞬間でした。

鳥部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

arimat さん

「ユリカモメ、
朝焼けをバックに」

中村先生からの講評:

朝日と川面に映る反射、赤く染まる空を背景に飛ぶ2羽のユリカモメ、鮮やかな朝焼けとダイナミックな鳥の飛翔がとても目を引く作品です。翼の透ける感じも美しく、短いレンズで高速シャッターを切り飛翔する姿をきっちり写し止めたのも成功しています。

撮影者コメント:毎年冬に飛来するユリカモメ。大都会を流れる多摩川にも沢山のユリカモメを見ることができます。早朝、条件が良いと幻想的な朝焼けが素敵な背景を作ってくれます。この日はとても条件のよい朝焼け。朝焼けをバックにユリカモメが飛翔する一瞬を撮る事ができました。

鳥部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

CozyOgawa さん

「BOKEH-SWAN」

中村先生からの講評:

大胆な構図で凍った光る湖面を大きく入れ、手前のぼけた湖面、主役のオオハクチョウたちの重なり具合、その後ろの靄と背後の山と続く流れには、凍った湖面ギリギリの低いアングルから短い焦点のレンズによって撮影された立体感がよく出ています。厳しい冬をたくましく生きるオオハクチョウたちの生命力と、寒さの中にも陽射しの暖かさが感じられる素晴らしい作品です。

撮影者コメント:北海道は屈斜路湖、シベリアからの旅人オオハクチョウ達を撮影。昼近くになり陽が昇り、辺りのカメラマンは光が良く無いと嘆く。その強い光は凍った湖面を輝かせ、白鳥たちに焦点を合わせればその足元を照らし出す。背景ボケの作品は多いが、この瞬間の前ボケを捉え写真に収めた。

鳥部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

F-TECH さん

「飾り羽」

中村先生からの講評:

獲物を狙うコサギの綺麗な白と水面に映る姿、水中の水草の緑色の流れが美しい作品。水面に映る姿と緑の葉の重なりがなんとも言えない不思議な雰囲気を出しています。コサギの白い羽毛の微妙なトーンもしっかりと再現され、主役と水面に映る影とのバランスも良くまとまっている、魅力的な1枚です。

撮影者コメント:捕食シーンを狙っていたら偶然撮れた写真です。パソコンのディスプレィで確認した時にハッとしました。こんな偶然もあるから写真熱が上がるのです。

鳥部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

bibi9610 さん

「雪山を飛ぶ」

中村先生からの講評:

とっさのシャッターチャンスを見事にモノにした作品。雪山と綺麗な青空を背景に、突然飛び立つことの多いキジの飛翔を最高の背景とタイミングで捉えています。光線の状態も良く、キジの羽の微妙な光沢のある色合いも美しく再現されています。

撮影者コメント:冠雪の伊吹山を背景に飛ぶキジさん 二度と撮れないとっておきの一枚です

犬猫部門

犬猫部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX GX7MarkⅢ(DC-GX7MK3K)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX GX7MarkⅢ
(DC-GX7MK3K)進呈

らんぴぷ さん

「私の天使」

新美先生からの講評:

鼓動が聴こえてきそうな躍動感あふれる作品です。後ろについて走る犬のひたむきさがスパイスとなり、ほのぼのとした様子が加わりました。大好きな人の元へと走る犬の笑顔。犬が感じている楽しさや幸福感が伝わってきます。

撮影者コメント:雪の中を気持ちよさそうに元気いっぱい笑顔で走っている「はっぴー」を見ると私まで笑顔になれる幸せの一枚。

犬猫部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

リキリキマルクン さん

「雪山猫」

新美先生からの講評:

猫の強い個性を第一に感じました。一言いってやりたい、とでもいうような表情が見る者を引きつけます。白を主体として構成されている画面が新鮮。迫力ある目ヂカラから、生命力と猫の存在感が表現されました。

撮影者コメント:まさか!?雪山に猫が!!新種かな?

犬猫部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

クロトラ さん

「複雑な関係」

新美先生からの講評:

猫同士が、額と額でゴッツンコ。久しぶりの挨拶なのか、日課なのか、親愛の情が見てとれる素晴らしい瞬間をとらえました。白い猫の宙に浮いた前足がポイント。背後にいる三毛の「面白くない」という表情にも物語を感じます。

撮影者コメント:ミケはクロが大好きで、クロはシロを親分のように慕い、シロはミケのことを好きではありません、 ヒトの社会を連想させますが、猫たちのそういう関係は微笑ましく思うのです。

犬猫部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

CozyOgawa さん

「絆」

新美先生からの講評:

シルエットで構成された画面は、重く感じることがありますが、本作品は、それを信頼関係や命の重さに置き換えているようです。逆光線で浮かび上がった犬の体と人の手が美しく、暖かい。犬の表情を想像したくなりました。

撮影者コメント:飼い主とペット。言葉は通じないが、日々食事を与え、毎日の散歩、幾度となく顔を合わせ、それは命が終わるまで続く。お互いは深い絆で結ばれている。 この日、公園でさんざん遊んだアメリカンコッカースパニエルのポコは疲れ果て芝生の上に伏せる。そこへ飼い主が頭を撫でる。夕陽で染まる空は1日の終わりを告げ、陰に写る2人は表情が見えずとも、そこには確かにお互いの信頼が写っていた。

犬猫部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

Y2onn さん

「秋色のボール遊び」

新美先生からの講評:

ボールを拾って戻ってくるお茶目な一瞬がとらえられました。右目に入った小さなキャッチライトが大きな効果になっていると思います。重量感や生命力が感じられ、犬の視線から、撮影者との強い絆がわかるようです。

撮影者コメント:ボール遊びが大好きです。 くっついた葉っぱが秋ですね〜。

スナップ部門

スナップ部門 最優秀賞
パナソニック一眼カメラ LUMIX GX7MarkⅢ(DC-GX7MK3L)

パナソニック一眼カメラ
LUMIX GX7MarkⅢ
(DC-GX7MK3L)進呈

俺の空50 さん

「炎の中の勇者」

佐藤先生からの講評:

花火師が手筒花火を持って振り回す様、飛び交う花火と煙、迫力のある光景に釘付けになりました。適切なシャッター値と絞りで決めた露出、ホワイトバランスやISO感度も良かったので火花が黄金色になり、とてもきれいに映し出されました。

撮影者コメント:手筒花火の様子を撮影しました。炎の中で勇ましい姿を見せてくれています。

スナップ部門 優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

さすらいの現場王 さん

「夕焼け 帰り道」

佐藤先生からの講評:

田んぼに水が張られ、水面に夕陽が映り込んで夕焼け色に染まり、なんと美しい光景でしょう。よく見ると田んぼには田植えを終えたばかりで小さな苗が並びます。畦道を行き交う自転車が三台、点景として小さいけれど効果満点に配置されています。

撮影者コメント:田んぼの中の農道で帰宅急ぐ若者たちの自転車。 良い感じのすれ違いが撮れました。

スナップ部門 LUMIX最優秀賞
CLUB Panasonic コイン 30,000C

arimat さん

「熱気球離陸準備」

佐藤先生からの講評:

朝焼けでオレンジ色に空が染まり、合間から朝日が昇ります。炎で温められた熱気球が離陸するべく準備の真っ最中。人々のシルエットをより小さくしてみせることで、気球の大きさと迫力を出すことに成功しています。

撮影者コメント:佐賀バルーンエスティバル、早朝の離陸前のカットです。 この日は素敵な朝焼けをバックに沢山の熱気球が離陸していきました。

スナップ部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

naratsune さん

「見守る」

佐藤先生からの講評:

七夕飾りをつけるために作られたアーチ型のアート作品。骨組みの中で作業を行う人々。日没間際の時間帯に狙ったことで、作業の人も見つめる親子もシルエットになってファンタジックな世界を感じさせます。

撮影者コメント:「天平たなばた祭り:奈良」のイルミネーションを飾り付ける作業員、それを興味津々に見入る子供とその姿を見守るお洒落な洋装の母親。夕焼けを背景に、作業員と母子の動・静のコントラストがシルエットになってファンタジーを感じた光景でした。

スナップ部門 LUMIX優秀賞
CLUB Panasonic コイン 10,000C

jinjin_m さん

「ブルーインパルス」

佐藤先生からの講評:

望遠レンズを使った圧縮効果で、ブルーインパルスの目前に誘導する人と操縦士や後ろの二人の関係が面白く写りました。合図のタイミングも良かったのでその仕草からしっかり緊張感が伝わってきて、お洒落で格好いい作品に仕上がりました。

撮影者コメント:自衛隊小松航空基地で航空祭が開催されました。 陣取った場所はブルーインパルスの1番機の真ん前なので、ウオークダウンの一部始終が見れました。 パイロットと整備士がハンドシグナルで腕を上下左右に動かし、ブルーインパルスの可動部分を確認します。

動画部門

動画部門 最優秀賞
祇園祭 岩戸山 天照大神・手力男命・伊弉諾尊を祀る曳山
CLUB Panasonic コイン 50,000C

bamboooon さん

「祇園祭 岩戸山
天照大神・手力男命・
伊弉諾尊を祀る曳山」

齋藤先生からの講評:

京都祇園祭りの曳山一つの岩戸山保存会の記録のようです。一般人より有利なカメラポジションでワイドレンズなど画角を変え迫力あるアングルで撮れています。組み立てから巡行まで、静止画では表現できない動画ならではの記録作品です。

撮影者コメント:「岩戸山」の鉾立て(ほこたて)から宵山、巡行までを追った映像作品

動画部門 優秀賞
クマゲラの愛
CLUB Panasonic コイン 10,000C

CozyOgawa さん

「クマゲラの愛」

齋藤先生からの講評:

森のクマゲラの生体を記録した作品です。餌を待つ子供に親のクマゲラが餌を運ぶ姿を見事に記録しています。

撮影者コメント:一目惚れするほどに可愛い、絵に描いたようなマンガみたいな顔。
せっせと働く母ちゃんと、「はやく食いてえー」とせがむ息子。親子の愛は無条件に愛おしく、きっと我々人間もこんな頃があったに違いないと、古きを思い返す。

子供の世界を初めて見るその好奇心は目からワクワクが飛び出してきて、これから始まる命の炎に僕らは惹きつけられる。

動画部門 優秀賞
夏蝉
CLUB Panasonic コイン 10,000C

Ren1031 さん

「夏蝉」

齋藤先生からの講評:

今回は、ドラマ作品やミュージックビデオなどの応募が多かったです。これらは記録とことなり企画から撮影、編集までかなりの時間と撮影テクニックがいります。この作品は、短い時間のなかに青春時代の悲しい思い出を凝縮したよくできた作品です。演技者も表情豊かで心に残る作品です。

撮影者コメント:今回のコンペティションではテーマが「愛」ということで一週間という短い時間で死んでしまう蝉のように儚い愛を映像で撮りたいと考え製作した。本作品では久しぶりに帰郷した学生が家までの帰路の中で彼女との思い出をたどっていくというものだ。セリフは一切なく映像だけでわかってもらえるようにカットに気を遣った。

動画部門 優秀賞
すべりだい
CLUB Panasonic コイン 10,000C

Ponsuke Kojima さん

「すべりだい」

齋藤先生からの講評:

子供と遊ぶさりげない一日。公園のすべり台を一生懸命上り滑る楽しげな姿、そして成長していく子供の姿を親の目線でほのぼのとしたカメラアングルで記録しています。また一部だけ子供の声が活かされ、全面的なおしゃべりを活かすより効果的に演出されています。

撮影者コメント:
■概要
2017年7月撮影。GH5を手にして、初めて撮った家族の動画。
当時3歳の娘は、すべりだいを滑るのが楽しい反面、登るのはまだ少し怖い。その楽しさ怖さの狭間に見えるワクワク感を切り取った。また、副題として、それを見守る母と、心地よい初夏の風に、うたた寝をする息子の穏やかな表情を添えた。
■思い出のすべりだい
舞台となる公園は、僕自身も幼少期によく遊んだ公園。定期メンテナンスで、遊具の入れ替わりはあるものの、当時と大きな変化はない。中でもすべりだいは、塗り替えこそされているものの、当時のままの姿をしている。そんなすべりだいで遊ぶ我が子の姿に、ノスタルジーを感じた。
■子供へのメッセージ
半年前には、怖くて1人では登れなかった階段を、1歩1歩登る姿は着実な成長の証し。それを見守る親としての心情をテロップにのせた。やがて物心がついて、この動画を見たときに「何か」が伝わるように。

動画部門 優秀賞
MIDNIGHT GALAXY
CLUB Panasonic コイン 10,000C

HAO@ さん

MIDNIGHT GALAXY

齋藤先生からの講評:

夜の星空を、何箇所も変えてタイムラプスで長時間撮ったものでしょう。他の応募にもタイムラプスの作品はありました。どれも捨てがたいのですが、夜の夜景の中でアングルなどから優れていた作品と言えます。

撮影者コメント:今年の春、真夜中に琵琶湖を中心に銀河を撮影しました。あちこちで撮影するうちに地球は銀河とつながっていると感じました。
撮影:GH5にて

TOP